FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の爪

こんにちは受付の水島です。

早いもので、1月ももう終わります。
来週は節分、立春と、冬の終わりを感じますね。

今日は、猫たちの爪切り。
日々 伸びたものはその都度切っているのですが、
10日に一度は 全員一斉に爪切りします。
前足五本、後ろ足4本。(稀に六本とか五本とかの子もいるようですが)
1匹で18本ですから、 4匹で72本切ることになります

猫が暴れる、またはじっとしていないということで
爪切りを躊躇する飼い主さんも少なくないようですが、
人間と猫 双方の安全のためにとても大切なことです。

うちの子達は、どうジタバタしてもお母さんは遂行すると諦めているようで
「早く終わんないかなぁ」って感じでじっとしています。


2015012919232438c.jpg

猫の爪は、人のそれとは違って指の骨が伸びて変形したもの。
だからこそ、武器としての威力もあるんですね。
先端を切っただけでは、豆のサヤがパカッと割れるように剥がれて
つぎの瞬間、中からチャキーンとした新しい爪が現れます。
今日切っても、翌日にはまた……というわけ。

ご存知でしょうか、猫の爪を抜く手術があることを。
確かに、小さな子供のいるお宅や、新築のお家、借家の場合も、
爪被害は避けたいですものね。
20年位前までは、欧米諸国でも盛んに行われていたようですが、
動物福祉の「五つの自由」が国際基準とされてからは
指骨の先を切断するこの手術は、ほとんど行われなくなったようです。

でも、日本は少し遅れていると言いますか、
今でも、この手術をすすめる動物病院が少なくありません。
実際、手術を受けたお家の猫ちゃんに会ったことがありますが、
ベッドの下でじっと目をつむっていました。
3日ほどエサも食べなかったそうです。
それでも、病院の先生に薦められた飼い主さんは
それが良いことだと思い込んでいました。

人間にとっての安全は、動物にとっては虐待と紙一重。
考えさせられます。


☆いろいろな整体へ行っても治らない方、
腰痛、肩こりなど体の不調でお困りの方はぜひ一度ご来院下さい。☆
石川県金沢市 ライズウェルネスカイロプラクティック のホームページはこちら

http://www.rise-e.co.jp/index.html
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。